loading
 

イントロダクション

「さらば」そして「ありがとう」ヨコハマの“伝説”が、遂にその最後をむかえる!

ヨコハマの“伝説”がスクリーンに帰ってきた。
女性に優しく悪を許さぬタカことダンディー鷹山、弱いものを見れば放っておけない正義漢ユージことセクシー大下。2人が犯罪を追い、暴れまくり、軽妙なトークと激しいアクションで繰り広げる伝説のシリーズ「あぶデカ」が遂に本当に本当の”ラスト”を迎える!!

映画『さらば あぶない刑事』

定年退職まであと5日となった二人に立ちはだかるのは、横浜を牛耳ろうとする凶悪な中南米マフィア。命を賭けた壮絶な戦いの火蓋が切って落とされる。シリーズ最強最悪の敵を前に、タカとユージは「さらば」とのタイトルの通り、ついに殉職となってしまうのか!?

刑事ドラマのバディものの原点である『あぶない刑事』は、1986年のテレビドラマ放送開始から30年。当初半年の放送予定が、あまりの人気に1年に延長され、放送当時最高視聴率26.4パーセントを記録するなど社会現象にまでなった伝説的な国民ドラマ。舘ひろし・柴田恭兵の人気ぶりは圧倒的で、ロケ地である横浜に人が溢れかえり、ロケ隊が数百人のファンに囲まれて撮影が中止になることもしばしば。仲村トオル・浅野温子ほかレギュラー陣とのコンビネーションで創りあげたオリジナルな世界観は、既成の刑事ドラマの殻を軽く破り、刑事ドラマのサスペンスとコメディ&アクションのエンターテインメント性との奇跡的な融合を果たした。

映画『さらば あぶない刑事』

2012年のDVDマガジンの累計販売数120万部突破を受け、ファンが熱い思いで「あぶデカ」を待っていてくれることを再認識した製作陣が、自分たちこそ「最後にもう一度タカとユージを観たいのだ」と企画がスタート。「定年退職」というテーマで「あぶデカ」の伝説をキチンと終わらせるべく製作に取り掛かった。

前作『まだまだあぶない刑事』以来10年ぶり、劇場映画第7弾となる本作は、同シリーズ、同キャストの刑事モノ映画史の中では、合計6本の『ダイ・ハード』を超えて世界新記録となる!
満を持しての「さらば」で一体何が起こるのか?乞うご期待だ。

主演はもちろん、舘ひろしと柴田恭兵。
10年ぶりとは思えぬ、そのダンディーさ、セクシーさ。2人が撮影現場に入り「タカ」「ユージ」と呼び合った瞬間は、まさに伝説が帰ってきた瞬間でもあった。タカのバイクアクション、ユージの疾走、軽妙なトークとアドリブ、何もかもがパワーアップしてスクリーンに焼きつけられている。本人たちも「ブランクは感じない」「やっぱり落ち着く」と「あぶデカ」に帰ってきたことを喜んでいる。クランクインからアップまで、全力疾走で駆け抜けた51日間は、2人にとってだけでなくキャストスタッフ全員が伝説とともに生きた至福の時間であった。
さらに、カオルちゃんこと浅野温子、町田透役の仲村トオルも役柄の上での10年ぶりの変化と成長?を見せつつも、抜群のコンビネーション。木の実ナナ、小林稔侍、ベンガル、山西道広、伊藤洋三郎、長谷部香苗ら、懐かしの港署キャストたちも全員がそろい踏み、変わらぬ息のあった演技を見せ、製作現場を楽しんでいた。ファンにはたまらない映画となっている。

映画『さらば あぶない刑事』

また今作のゲストとして、スクリーンに華を添えるヒロインに抜擢されたのは、映画「白ゆき姫殺人事件」などで実力派女優として活躍している菜々緒。タカの最愛の恋人という役どころを緊張しながらも熱演した。そして、シリーズ史上最強最悪の敵役を演じるのは吉川晃司。出演オファー段階より冷酷な中南米マフィアの役にこだわり、バイクアクションを熱望。1ヶ月以上にわたる猛練習を経て、本家本元の舘に挑んだ。ほかにも夕輝壽太や吉沢亮ら若手俳優陣もベテラン俳優たちに負けじと熱演を繰り広げた。

製作プロダクションは映画『蘇る金狼』『ビー・バップ・ハイスクール』など数々の名作アクションを手掛けてきたセントラルアーツ。監督は、テレビ「あぶない刑事」から演出を手掛け、映画『もっともあぶない刑事』『あぶない刑事リターンズ』で大ヒットを飛ばした村川透がメガホンをとる。撮影は『野獣死すべし』などの松田優作主演のドラマ・映画や、『あぶない刑事』シリーズでもキャメラマンを務めてきた仙元誠三。脚本は、テレビ版から劇場版に至るまでシリーズ中もっとも多くの脚本を担ってきた柏原寛司。「あぶデカ」の魅力を知り尽くした製作陣によって手掛けられた本作は、ハードボイルドな男たちの戦いの中に、手に汗握るアクション、数々のユーモアが散りばめられた唯一無二の世界観が作り上げられ、多くの人を虜にしてきた「あぶデカ」の魅力が満載の作品となっている。

映画『さらば あぶない刑事』

そして、シリーズに参加した脚本家、そこから巣立った監督たち、ゲストキャストから有名になった俳優も数多く、日本映画界・ドラマ界への貢献は計り知れない。「あぶデカ」製作の奇跡的ともいえる歴史は「さらば」のエンディングに込められている。最後までお見逃しなく!

そして、忘れてはいけないのが「ヨコハマ」というロケーション。その異国情緒が残る港町を舞台にしている魅力は「あぶデカ」のもう一つの顔。今作でも横浜を中心に撮影。10年前ひいては30年前からの街の変貌と、変わらぬ魅力の両方を映しだしている。日本各地でのロケだけでなく、ニュージーランドでのロケも敢行し、約2カ月の撮影期間を駆け抜けた。日本での撮影には400人を超える「あぶデカ」ファンがエキストラとして応援に駆けつけた。「シリーズすべての作品を超える作品を作る」という決意のもと、スタッフ、キャスト一同が一丸となって伝説<レジェンド>のラストを飾るに相応しいダンディーでセクシーでクールでクレイジーな“あぶデカ”を完成させた!

映画『さらば あぶない刑事』

退職間際なんて関係ないね!? 舘のバイクアクションも柴田のランニングも未だ健在! ド派手でスタイリッシュな銃撃戦に加え、アドリブ満載の愛すべき掛け合いを繰り広げるタカとユージのかっこよさに男も女も惚れずにはいられない! これで本当に最後! 「あぶデカ」に育てられた大人も、かっこいい二人を知らない若者たちも、港署最後のラストパーティーを存分に楽しんでもらいたい。イッツ、ショータイム!